指輪のデザイン選び

婚約指輪の選び方の一つとして、まずダイヤモンドを選ぶ事があげられます。結婚指輪とは違い、豪華な印象の強い婚約指輪ですが、ダイヤモンドが主役ともいえる指輪ですので、入念に選びましょう。ダイヤモンドを選ぶ点において、「重さ」「色」「透明度」「研磨」4つのポイントがあります。

重さは「カラット」とも言われ、1カラットは0.2グラムとなっていますが、ダイヤモンドでは0,5カラッとずつグレードが上がっていく事が多いです。カラットの数値が増えれば増えるほど貴重価値が高まり、大きさも増えていきますが、大きさだけがダイヤモンドの価格は決まりません。次に色ですが、無色であればあるほど、高級度は高まります。アルファベットのDからZまで段階分けされており、D,E,Fあたりが無色、G,H,I,Jあたりがほぼ無色となります。それ以降はややに黄色味がかってきます。次に透明度は、「CLARITY」とも言われ、傷や内包物が少ないほどグレードが高いです。無傷であるフローレスや、表面に多少の特徴があるインターナリーフローレスなどが高級です。最後に研磨ですが、これは「カット」と表現されます。輝きに大きく影響する要素で、「Excellent」「Very Good」「Good」「Fair」「Poor」の5段階で区別されます。こういったダイヤモンドのデザインを考えるのも、婚約指輪を選ぶときには重要です。